不動産の物件を選ぶ際は現地を必ず見学しよう

住宅を購入する際は様々な費用がかかる

住宅を購入する際にかかる費用には様々な種類がありますが、その代表的な費用が「手付金」でしょう。しかしながら、似たような費用で「頭金」というものがあります。この二つにはどのような違いがあるのか、記載しました。

手付金と頭金の違い

手付金

住宅を購入する際に、先に支払う費用のことを指します。なお、手付金は原則現金で用意する必要があるため、注意しておきましょう。

頭金

住宅ローンで返済する金額を差し引いた部分のことを指します。なお、頭金ゼロで全て住宅ローンでまかなうことも可能です。

不動産の物件を選ぶ際は現地を必ず見学しよう

男性

新築物件の見学のポイント

新築物件を見学する場合、その物件が完成していないケースもあります。もし未完成でありモデルルームを見学する時は、モデルルームの間取りや設備と、実際の物件に違いがないかチェックしておきましょう。完成した物件を見学する場合は、部屋の間取りや設備だけでなく、窓からの景色などについてもチェックするとよいでしょう。なお、不安に思っていることがあれば、遠慮なく担当者へ質問をぶつけましょう。市川市にはお客さんに寄り添った営業をしている不動産会社が多いので、親身になって相談にのってくれるでしょう。

模型を持つ人

中古物件の見学のポイント

中古物件は新築物件と同じようにチェックしてはいけません。中古であるということは、完成してからある程度の年数が経過しているということですので、部屋の内装や設備などがどれほど傷んでいるのか、必ずチェックしましょう。

事前にリストを作成したほうが良い

三郷エリアには、良い物件がありますので、その中から理想的な物件を選ぶためにも、現地見学時にチェックすべきポイントをリスト化しておいたほうがよいでしょう。そうすれば、効率よくチェックすることができます。